[idacafe] 7/5(金)Special EATALK「梅を使った保存食づくり」

初のワークショップ形式で開催したSpecial EATALK「梅を使った保存食づくり」は、新潟県田上町特産「越の梅」を直接農家さんからお取り寄せして開催しました。
(協力:新潟県田上町イヌイベジフルファーム)

新潟県田上町は、新潟県の中央部北寄りに位置する町。恵まれた自然環境をいかした米作りや果実栽培などの農業も盛 んな町ですが、特に田上町産の桃や梅など果実は県外の物産展などでも人気です。 今回このワークショップでご紹介する田上町特産「越の梅」は新潟で栽培されている梅の品種で、もう 1 つの新潟産の 梅の品種「藤五郎」梅の枝変わり(突然変異)として出来たそう。今回は、みなさんに梅シロップ、梅酒、梅酢の作り方をご紹介しました。

ファシリテーター:里見浩子(食空間プランナー)

ランチタイムを利用した「料理レッスン+ランチ」のワークショップ『EATALK』プロデューサー兼ファシリテーター(司会進行)。前職で、自然食材や調味料 などのグルメバイヤーを担当した経験から、日本の食文化である「保存食」を軸に、日本ならではの旬の味覚を楽しむワークショップ活動も行う。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.